ごあいさつ|白絞油、サラダ油、オリーブ油、ごま油、ラード、業務用食品、製菓・製パン材料、米殻製品|名古屋油糧株式会社

名古屋油糧

経営理念

油の可能性を追求し、地域の皆さまにおいしさをお届けします。

ごあいさつ

共助・共栄

当社は戦後の焼け野原が残る昭和23年に、油糧配給公団の指定販売店として、食糧不足が深刻な国民に貴重なカロリー源である食用油を配給するという重要な使命を持って誕生しました。
そして、配給公団解散後は、大手油脂メーカー各社と特約店契約を結んで再出発し、日本の食生活・食文化の発展に寄与するべく邁進してまいりました。

現在は、食用油を中心とした業務用食品素材問屋として成長途上にあり、「油の可能性を追求し、地域の皆さまにおいしさをお届けする」という理念のもと、日々精進いたしております。

戦後の復興から高度経済成長期を経て、バブル崩壊、リーマンショック、円高・デフレなど、世の中の経済が目まぐるしく変化し、幾多の企業がその変化に翻弄されてきました。 そのような中、当社が変わらず数十年も続けてこられたのは、地に足をつけた堅実な経営を行ってきたことはもちろんですが、何よりも素晴らしいお客様、素晴らしいお取引先様、 そして素晴らしい従業員たちに恵まれ、お互いが信頼し合える関係を築き、それを第一としてきたからだと思います。

当社の代々受け継がれてきた精神は「共助・共栄」です。皆様と築いた信頼関係のもと、助け合い、支え合いながら共に発展することを目指してきたからこそ今の私たちがあります。

これからも、お客様、お取引先様、従業員たちとの共助・共栄の関係を大切にし、「食」という人間が生きる上で欠かせない最も大事なものを扱うことに誇りを持ち、 その社会的使命を果たすべく、歩み続けていきます。

名古屋油糧株式会社
代表取締役社長
長谷川 徹

ごあいさつ

  1. 経営理念
  2. ごあいさつ